リーキは適量のビタミンやミネラルに加えて、ねぎ類に特有の辛味成分である硫化アリルを含みます。ビタミンCと硫化アリルによる抗酸化作用により、活性酸素の働きを抑制し、血流を改善する効果があります。そのため、がん細胞の抑制や老化防止にも期待が持てます。



リーキとは?

リーキは、長ねぎの茎をもっと太く短くしたような西洋ねぎであり、一般的には「ポロねぎ」やフランス語の「ポワロー」と呼ばれています。軟白栽培により茎の白い部分を育て、スープ煮やグラタンなどに利用されます。柔らかく茹で、ビネガーソースをかけたシンプルなホットサラダも、独特の甘みがあるおいしい一品です。

リーキは、ねぎ類に共通の香り成分である硫化アリルを含んでおり、この成分の抗酸化作用により、がん予防やコレステロール値の改善に効果があります。さらに、硫化アリルの一種であるアリシンは、ビタミンB1の吸収を高める働きもあり、炭水化物の代謝をスムーズにし、疲労回復にも役立つとされています。

リーキの独特の香りは、胃液の分泌を促進し、消化を助ける作用もあります。また、リーキには腸の活動を活発にする食物繊維も含まれており、便秘がちな人にも適した野菜です。

 

調理との組み合わせ

食用とするのは主に白い茎の部分です。加熱すると特有の甘みが増し、煮崩れしにくいので、下茹でしてからサラダやマリネに使用すると良いです。ビタミンCは鉄の吸収を助けるため、レバーや生クリームと一緒にフードプロセッサーで混ぜ合わせ、口当たりの良いムースにするのもおすすめです。ビタミンEが豊富なオリーブオイルは、ビタミンCや硫化アリルの抗酸化作用を強化してくれます。グリルしたリーキをオリーブオイルに漬け込んだマリネは、風邪予防の効果も抜群です。

 

リーキの選び方

茎葉にハリとツヤがあり、巻きがしっかりとして固そうなもの。根本部分にふっくらとした厚みがあるものは、切ったときにみずみずしく、甘味が多いです。

 

リーキの保存方法

乾燥しないようにラップなどで包み、冷蔵庫へ。立てておくと鮮度が長持ちします。

リーキの効果

コレステロール値の改善

ねぎ類共通の匂い成分である硫化アリルは抗酸化作用があり、コレステロール値の改善に働きます。

 

疲労回復

硫化アリルの一種であるアリシンには、ビタミンB1の吸収を高める働きがあり、炭水化物の代謝をスムーズにして、疲労回復に効果があります。

 

便秘改善

腸の活動を活発にする食物繊維も含んでいるので、便秘の改善に働きます。

こんな方におすすめ

コレステロール値が気になる人

疲労を回復したい人

便秘で悩んでいる人

おさらい

リーキは長ねぎの茎を太く短くした西洋ねぎで、フランス語で「ポワロー」と呼ばれる

ねぎ類共通の匂い成分である硫化アリルは、コレステロール値を改善する

硫化アリルの一種であるアリシンは、ビタミンB1の吸収を高め、疲労回復に効果がある


参考文献

・実用版オールカラー 食品図鑑(発行所 女子栄養大学出版部)

・春夏秋冬 おいしいクスリ 旬の野菜の栄養事典(発行所 株式会社エクスナレッジ)


カテゴリーに戻る

関連記事


豚肉
食材

豚肉

ビーツ
食材

ビーツ