ギリシャ語の「パントテン酸」とは、広くどこにでも存在するという意味です。その名の通り、さまざまな食品に含まれています。パントテン酸は、体内に広く存在する補酵素のコエンザイムAを構成する成分として働き、三大栄養素のエネルギー代謝に深く関わっています。また、コラーゲンの生成に必要なビタミンCの働きを助けるため、肌の健康にも関与します。さらに、ホルモンや免疫抗体の合成に関わるほか、HDL(善玉)コレステロールを増やす働きも知られています。



パントテン酸とは?

私たちの身体は、ストレスが起きると副腎皮質ホルモンが分泌され、ストレスに対応します。このとき、副腎の働きを支え、副腎皮質ホルモンの産出を促進するのがパントテン酸です。つまり、ストレスの多い現代人にとって、欠かせない栄養素です。疲れやすい、怒りっぽい、昼間から眠たい、風邪をひきやすいなどの症状を自覚する人は、多めに摂取するべきビタミンです。

また、パントテン酸はビタミンB群の一種で、脂質、糖質、タンパク質などをエネルギーに変換するために不可欠なビタミンです。パントテン酸は補酵素のコエンザイムAの生成に関与しており、コエンザイムAは体内で非常に多くの反応の補酵素として働くことから、パントテン酸は重要な栄養素の一つです。

 

パントテン酸の名前は「広くどこにでも存在する」という意味のギリシャ語に由来し、その名の通り、あらゆる自然の食物に含まれています。また、腸内細菌によっても合成されます。そのため、極端に栄養状態が悪化しない限り、欠乏症は起こりにくいです。

ただし、普段からアルコールやコーヒーを大量に摂取する人は、パントテン酸を消費しやすくなります。また、抗生物質を頻繁に使用している人は、腸内細菌からのパントテン酸供給が制限されます。そのような人は、食物からしっかりと摂取するようにしましょう。過剰摂取のリスクも低いです。

 

食べ方のポイント

パントテン酸は水に溶けやすく、熱に弱いという特徴があります。茹でるなどの調理によって損失しやすい栄養素です。そのため、茹で汁も食べられるように、野菜スープなどでパントテン酸を摂取する必要があります。鶏肉やしいたけを使った出汁を摂ると、効率よくパントテン酸を摂ることができます。

パントテン酸の効果

ストレスの緩和

副腎の働きを助けて、ストレスに対抗する副腎皮質ホルモンの合成を促進します。また、ストレスを緩和する作用もあります。

 

エネルギーの代謝を助ける

体内でコエンザイムAという補酵素に変化して、ビタミンB1とともに糖質の代謝を、ビタミンB2とともに脂質の代謝を助けています。

 

皮膚や毛髪の健康を保つ

コラーゲンの生成に必要なビタミンCを助けて、皮膚や毛髪の健康を維持します。

パントテン酸が摂れる食べ物

鶏レバー 10.00mg

豚レバー 7.19mg

牛レバー 6.40mg

たらこ 3.68mg

シロサケ 1.27mg

マイワシ 1.14mg

ピーナッツ(大粒種・いり) 2.20mg

糸引き納豆 3.60mg

卵黄 3.60mg

※可食部100gあたり

※日本食品標準成分表2020年版(八訂)より

こんな方におすすめ

ストレスが気になる人

コーヒーやアルコールを飲む人

肌の調子が気になる人

おさらい

ストレスの多い現代人には、欠かすことのできない栄養素

アルコールやコーヒーをたくさん摂る人は、パントテン酸が消費しやすくなる

コラーゲンの生成に必要なビタミンCの働きを助けるため、肌を健康を保つ


参考文献

・完全図解版 食べ物栄養事典(発行所 株式会社主婦の友社)

・正しく知れば体が変わる!栄養素の摂り方便利帳(発行所 株式会社PHP研究所)

・NHK出版 健やかな毎日のための栄養大全(発行所 NHK出版)


カテゴリーに戻る

関連記事


リン
成分

リン

ヨウ素
成分

ヨウ素